制汗剤役に立たなきゃ意味がない?強力に効くヤツはこれ!

制汗剤役に立たなきゃ意味がない?強力に効くヤツはこれ!

制汗剤、役に立たなきゃ意味がない?強力に効くすごいヤツを紹介!

制汗剤は役に立ってこそ意味があります。

 

実際使ってみたけど「汗がとまらない・臭いが取れない」など被害報告とともに効果なかった!などの悪評もある中、

 

強力に効くというデトランスα ,デオシーク,デオエース,ネオテクトなど多くの制汗剤を徹底検証してみました。

 

 

脇汗、脇が、多汗症など、とにかく汗の被害によって苦労している人は参考になさってくださいね。

 

 

制汗に強力といわれているデトランスαの底力とは?

デトランスαが発売されると、その効果が圧倒的にすごいと知られるや、ものすごい勢いで話題沸騰になり我もと求める人たちが多くいました。

 

そんなデトランスαの人気はどこにあるのでしょうか?

 

 

まず、デトランスαは日本で作られている制汗剤ではないことを知っておきましょう!

 

デトランスαはデンマークで作られた制汗剤です。

 

デンマークといえば肉料理が中心で、それに付随したパンや野菜、魚介類などがベースとなっている食事です。

 

 

そんな日本と大幅に違った食生活の中で作られた制汗剤デトランスαはとても強力でなければ制汗効果を発揮しないという理由があったりします。

 

お国柄、制汗剤も協力でなければ効き目がないということなんでしょう?

 

 

ではどうしてデトランスα強力なのでしょう。じつは強力な秘密は成分にあったんですね。ということでデトランスαの成分を見てみましょう。

 

 

デトランスαに含まれている強力な成分とは?

デトランスαが効果的に作用する理由には、成分配合が高い要素を絞めているといえるようですね。

 

ではどの成分が効果的作用しているのか、その成分は「アルミニウムクロリッド」といわれる成分です。

 

 

アルミニウムクロリッド

アルミニウムクロリッドは別名塩化アルミニウムといわれている成分です。

 

身体から湧き出る汗は汗口(かんこう)、毛口(もうこう)を通して出てきます。

 

 

これらの穴に入り込み、ふたをする要領で汗の出が少なくなる、または出にくくなるという成分です。

 

ですが、一過性の成分効能で、時が経つにつれてなくなる成分でもあるので、継続性が必要となってきます。

 

 

しかしこの成分、人によっては効果を発揮しないという成分でもあるため、なにかの商品に配合されていても聞く人と効かない人に分かれることもある成分です。

 

 

この成分は、制汗剤として使われた場合、強力に作用するため日本国内で制汗剤に使われることはほとんどないといわれています。

 

強力に作用するという意味は、副作用が見込まれるという理由にもなってきます。

 

では、副作用はどのような症状をいうのでしょうか?

 

 

デトランスαの副作用とは?

デトランスαの副作用には、制汗剤に多く見られる「効果がない」というデメリットはほとんどありませんが、その代わり効果があり過ぎる分副作用もあるということです。

 

 

デトランスαの副作用の副作用には「かゆい・痛い」という、この2点があります。

 

この症状の原因は、上記に説明したアルミニウムクロリッドが起因しているようです。大きくは成分濃度の分量になります。

 

デトランスαに配合されている成分量は20%となっています。

 

しかし、塩化アルミニウムは医薬品となっている強力な成分で日本では病院で処方される薬でもあります。

 

通常であれば、15%入りの錠剤などの処方が多いですが、デトランスαにはお国柄でしょうか、成分濃度が高くなければ効き目が出ないようで成分濃度が高めになっています。

 

なので、日本人の身体には合いにくいという理由もあるかもしれませんね。

 

 

ですが、効く効かないは人にもよるので一概には言えませんが、使った人の中には

 

  • かゆくて我慢できません。
  • 付けたところが痛くなりました。

 

という、報告があります。

 

 

この症状になっている人は、おもにお肌が弱い人に多い傾向にあると思われます。

 

つまり、敏感肌であったりアレルギー症状的要素がある人です。

 

 

しかし、お肌が弱い人の中でもこの成分が反応しない人もいるので、決めつけができない要素にもなっていることは確かです。

 

なので、実際の話使ってみなければ副作用が出る出ないは分からないところがあるのも事実です。

 

 

では、デトランスαはお肌が弱い人は使えないの?という疑問が出てきますが、一概にそういうこともないのです。

 

デトランスαには正しい使い方があり、この正しい方法で付けることによって副作用を軽減できてしまうのです。

 

 

デトランスαの副作用を軽減する方法

デトランスαに含まれている成分濃度は20%です。

 

 

病院や個人で輸入する場合の制汗剤でも配合されている成分量は15%以下となっている場合がほとんど。

 

もし塗ってかゆみや刺激を感じた場合は、濡れたタオルなどでふき取ってください。

 

 

またデトランスαを使う場合、注意書きに副作用が出る場合は脱脂綿(コットン)などに塗り、それを患部に塗るという方法を掲載しているトリセツがあるので、その方法で塗るようにします。

 

 

このような方法でアルミニウムクロリッド成分の濃度を薄めることができるので、「かゆい・痛い」を回避できる可能性が高まりますので、ぜひ実行してみてください。

 

 

デトランスαの購入方法

デトランスαは輸入商品です。

 

国内では販売できない商品でもあります。

 

なので、個人輸入ができる専門のショップが一番安全に購入でき保証もされ安心して購入することができます。

 

そのもっとも適した購入販売店が公式サイトです。

 

 

公式サイトでは、デオドラント商品を専門に扱っているため、輸入方法は確かな方法をとっていて安心して購入することができるのです。

 

 

 

デトランスαを安心して購入できる公式サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴
トップへ戻る